2017年パ・リーグのタイトルホルダーは誰だ! 野手編

2017年パ・リーグのタイトルホルダーは誰だ!

各球団の選手たちは、2月1日の春期キャンプに向かって、自主トレの真っ最中といったところでしょう。

今年は3月6日からWBCが行われるため、侍ジャパンに選ばれている投手や野手たちは、例年より1ヶ月くらい早く調整しなくてはならないので、例年とは違った緊張感があるのではないでしょうか。

気の早いプロ野球ファンは、すでにセ・リーグ、パ・リーグの順位を予想して楽しんでいるようですが、順位の予想と同じくらい楽しい予想があります。それが投手、野手のタイトル争いです。

誰がホームラン王、打点王、首位打者を獲るか、最多勝、セーブ王、奪三振王は誰?など考えるだけでもワクワクしてきます。

スポンサードリンク

 タイトルの種類

野手のタイトルは「首位打者」「最多本塁打(ホームラン王)」「最多打点(打点王)」「最多安打」「最多盗塁(盗塁王)」「最高出塁率」の6タイトルあります。

首位打者

首位打者候補の一番手は、走攻守3拍子がそろった西武の秋山、次いで、日本ハムの西川ロッテの角中といったところでしょう。

西川は足も速く、四球もそこそこ多いのですが、三振が多いのが気になります。

三振の数を昨シーズンの113から65前後までに減らすことができれば、首位打者のタイトル獲得が現実のものになるでしょう。

最多本塁打(ホームラン王)

昨シーズンは、日本ハムのレアード、西武のメヒア、楽天のウィーラー、の外国人バッターが上位を独占したホームラン王争いですが、それに、今シーズンはソフトバンクのデスパイネが加わり、混戦模様です。

その中でも、ホームラン王の最有力候補は、日本の投手に慣れてきた楽天のウィーラー、2番手は、移籍1年目で心機一転、ホームランを打ちまくりそうなソフトバンクのデスパイネ、三振が少ないということも要因の一つです。

3番手に実績十分の西武のメヒア日本ハムのレアード、の争いになるでしょう。

最多打点(打点王)

打点はどうしてもホームラン数と直結するので、通常であればホームラン王が打点王も獲得する可能性が高くなります。

そこで、打点王の最有力候補は、長打力があって、三振は少なめ、得点圏打率がトップクラスのソフトバンクのデスパイネです。

次いで、今シーズン好調期間が短かったのに、打点王を獲得している日本ハムの中田、3番手は、今シーズン絶好調とは思えなかったわりには、打率は3割を超え、打点は106でリーグ2位のソフトバンクの内川と日本の野球に慣れてきた楽天のウィーラーの争いとみています。

最多盗塁(盗塁王)

昨シーズンの盗塁王でもある糸井が阪神へ移籍したため、同数で盗塁王を分け合った西武の金子が有利に見えますが、そう簡単にいきそうもありません。最有力候補は、昨シーズン打率.314、四球73、出塁率.405、盗塁成功率.891の日本ハムの西川です。

2番手に昨シーズン打率.306、四球100、出塁率.446、盗塁成功率.920のソフトバンク柳田、3番手は昨シーズンの盗塁王、西武の金子オリックスの西野という順になります。

スポンサードリンク

最多安打

昨シーズン上位のロッテ角中、西武秋山、ソフトバンク内川、ソフトバンク柳田といった選手が候補ですが、今シーズンは、昨年と違ってコンスタントにヒットを量産できそうなソフトバンク内川が最有力候補で、ロッテ角中西武秋山ソフトバンク柳田が横一線で続いているといったところです。

最高出塁率

このタイトルは、安打数と四死球が大きく関係します。なぜなら、最高出塁率は、安打数+四死球を打席数で割った数値なのです。当然、安打数と四死球が多い選手が有利ということになります。

最有力候補は、昨シーズン安打数131、四死球108、出塁率.446のソフトバンク柳田、2番手は、安打数140、四死球111、出塁率.416のソフトバンク中村、3番手は、安打数133、四死球89、出塁率.390の西武栗山です。

2017年パ・リーグのタイトルホルダーは誰だ! まとめ

2017年パ・リーグのタイトルホルダーの予想は

首位打者 西武 秋山

最多本塁打(ホームラン王) 楽天 ウィーラー

最多打点(打点王) ソフトバンク デスパイネ

最多盗塁(盗塁王) 日本ハム 西川

最多安打 ソフトバンク 内川

最高出塁率 ソフトバンク 柳田

という結果になりました。

今シーズンもスピーディで緊張感のある野球を期待します。「さすが!プロ野球!」という試合をより多く見たいものです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加