日本シリーズ 第4戦 結果 勝因と敗因

日本シリーズ 第4戦 結果

3連勝で王手をかけたソフトバンクに、絶対に負けられないDeNA、先発はDeNAが濱口、ソフトバンクがベテランの和田、ルーキー対ベテランという対照的な投手の投げ合いが期待されます。

ただ、日本シリーズは初めての登板、しかも、DeNAは崖っぷちなど、いくつものプレッシャーが濱口の肩に大きくのしかかってきます

これをルーキーの濱口がどうはねのけるか、期待と不安が半々です。

スポンサードリンク

日本シリーズ 第4戦 結果 試合経過

日本シリーズを4戦で終わらせることは、セリーグを代表するDeNAにとっては屈辱の一言です。

そういう意味でも、ここで負けることは許されないのです。そのためには、何が何でも先制点が必須です。

つまり、DeNAが先制点を取って試合を有利に進める出来るか、が今日の試合のポイントです。

【1回表】ソフトバンク

先頭の1番柳田は3戦連続先頭打者ヒットを続けていましたが、セカンドゴロで4戦連続はなりませんでした。1死。

2番今宮はショートゴロで2死。

3番デスパイネは四球で2死一塁。

4番内川のとき、ワイルドピッチでデスパイネは二塁へ、しかし、内川はサードフライで無得点。

どちらかと言うと、左投手を苦手としているソフトバンク打線なので、第1戦で好投した今永のピッチングが参考になったのではないでしょうか。

【1回裏】DeNA

先頭の桑原が今シリーズ初のヒットをライト前に放ち出塁。

2番柴田は送りバントを失敗、2封され1死一塁。

3番ロペスのショートゴロで2封、2死一塁。

4番の筒香は三振で無得点。

立ち上がりの和田は、腕が振れていないのでストレートにキレがないように見える。

【2回表】ソフトバンク

5番中村はサードゴロ。

6番松田はセンターフライ。

7番川島は三振で簡単に三者凡退、無得点。

ストレートと同じ振りで投げるチェンジアップが効果的で、テレビで見ていてもストレートとチェンジアップの差がわからない。ひょっとすると、とんでもない投手かも。

【2回裏】DeNA

5番宮崎はサードゴロで1死。

6番梶谷はセンターフライで2死。

7番髙城は三振で三者凡退、無得点。

この回は体がほぐれたのか、腕が振れてキレのあるストレートが来ている。

【3回表】ソフトバンク

8番髙谷が死球で出塁。

9番和田の送りバントが成功、1死二塁。

1番柳田のセカンドゴロで2死三塁。

2番今宮三振で無得点。

【3回裏】DeNA

8番濱口は三振で1死。

9番倉本も三振で2死。

1番桑原がセンター前ヒットで2死一塁。

しかし、2番柴田のとき和田のけん制で押し出され無得点。

【4回表】ソフトバンク

この回先頭の3番デスパイネは三振で1死。

4番内川はショートゴロで2死。

5番中村はセカンドゴロで簡単に三者凡退、無得点。

ソフトバンクは4回まで濱口にノーヒット。狙い球も絞れていないし、タイミングも合っていない。ヤバイかも……。

【4回裏】DeNA

2番柴田のショートのファールフライをフェンス越えで好捕、1死。

3番のロペスはショートゴロで2死。

4番筒香は三振で三者凡退、無得点。

和田と濱口の先発と聞いて打ち合いを予想したのですが、投手戦になってきました。この試合は継投が勝負を分けそうです。

スポンサードリンク

【5回表】ソフトバンク

6番松田が三振振り逃げで出塁。

続く7番川島のピッチャーゴロで併殺、2死。

8番髙谷はショートゴロで三者凡退、無得点。

さすが、新人王の有力候補だけあって、ソフトバンク打線でも攻略するのが難しそうなピッチングの濱口。

【5回裏】DeNA

今回先頭の宮崎がインコースのストレートを上手いバットコントロールでレフトスタンドへ待望の先制ホームラン。

続く6番梶谷も一・二塁間のヒットで無死一塁。

7番髙城もレフト前ヒットで無死一・二塁と和田を攻める。ここでソフトバンクは継投策に出るかと思ったが和田は続投。工藤監督は、6回表の打順を考えたのか。ヤバイ。

8番濱口の送りバント成功で1死二・三塁。

9番倉本のライトフライで三塁走者の梶谷が還って2-0。この継投の遅れが今日の試合を決めることになりそう。2死三塁。

さらに1番桑原の死球で2死一・三塁とDeNAは攻め続ける。

もう1点取りたいDeNAでしたが、2番の柴田はセンターフライ。2-0

5回になって球威、コントロール、ともに甘くなっている和田はここまでか。

【6回表】ソフトバンク

5回までノーヒットのソフトバンクはこの回でなんとかしたいのですが、

9番和田の代打上林は三振で1死。

1番柳田はレフトフライで2死。

2番今宮もセカンドフライに倒れ三者凡退、無得点。2-0

6回までソフトバンクの打線は、濱口の投球にタイミングが合っていない。改めて濱口の凄さを感じる

【6回裏】DeNA

この回からソフトバンクは和田から石川にスイッチ。

3番ロペスはショートゴロで1死。

4番筒香もセカンドゴロで2死。

しかし打撃好調の5番宮崎はライト前ヒットで2死一塁。

6番梶谷はファーストゴロで無得点。2-0

これは個人的な憶測ですが、ライト中村の守備位置が深すぎるのではないでしょうか。

宮崎のライト前ヒットと1回桑原のライト前ヒットはボールが落ちた位置から見て、普通の外野手なら捕れていたのでは、という打球に見えたのですが……。

【7回表】ソフトバンク

3番デスパイネのセンターに抜けそうな当たりを倉本が候補して1死。

4番内川はセカンドゴロで2死。

5番中村は死球で出塁したが、

6番松田がライトフライに終わり無得点。

第4戦ソフトバンクは完敗?

【7回裏】DeNA

ソフトバンクは石川から五十嵐にスイッチ。

この回先頭の7番髙城が五十嵐の初球をレフトスタンドへソロホームランで。3-0

8番濱口凡退で1死。

9番好調倉本がライト前ヒットで1死一塁。

1番桑原のとき倉本が2盗に成功、しかし、桑原は三振に倒れ2死二塁。

2番の柴田はセカンドゴロ。3-0

あきらめたかのような工藤監督の投手起用。

【8回表】ソフトバンク

この回先頭の7番川島は三振で1死。

8番髙谷の代打鶴岡が右中間への二塁打でノーヒットノーランを阻止した。

鶴岡にヒットを打たれた直後、濱口は悔しそうな表情。ということは、ノーヒットノーランを狙っていた? いい心臓をしている。

9番五十嵐の代打長谷川は三振で2死二塁。

1番柳田がファーストへの内野安打で2死一・二塁。

ここでDeNAは好投の濱口からパットンにリレー。

2番今宮は三振に倒れ無得点。3-0

【8回裏】DeNA

ソフトバンクは石川から五十嵐にスイッチ。

3番ロペスがレフトオーバーの二塁打。

4番筒香ファーストゴロでロペスは三塁へ。1死三塁。

5番宮崎がライト線にヒットで4点目、なおも1死一塁。

6番梶谷は一塁線を抜く二塁打で1死二・三塁。

7番髙城もセンター前に2点タイムリーで6-0。

8番パットンの代打乙坂のセカンドゴロで髙城は2封、2死一塁。

9番倉本はピッチャーゴロ。6-0

日本シリーズのどこかで投げさせてやりたかった五十嵐と攝津。結果はどうでも良かった?

【9回表】ソフトバンク

ここでここでDeNAは、今シリーズ初登板のクローザー山崎が登場。

3番デスパイネはファーストフライ、

4番内川はショートゴロ、

5番中村もショートゴロで三者凡退、ゲームセット。

結局、ソフトバンクはルーキー濱口に手も足も出ず、2安打無失点で完敗でした。

日本シリーズ 第4戦 結果 勝因と敗因 まとめ

ソフトバンクの敗因をひとことで言うと、データ収集不足。濱口をルーキーと甘く見ていたのではと、疑いたくなるような負け方でした。

ソフトバンクも打てないなら打てないなりに策を講じる必要があったのではないでしょうか。

例えば、濱口が投げる半分以上がチェンジアップだったことを考えると、チェンジアップ狙いを徹底、打者がチェンジアップをフルスイングすると、打てなくてもタイミングが合っていると、ピッチャーもキャッチャーも危機感を持ち始めます。

そこから、バッテリーを追い込んでいくという作戦です。

終わったことをとやかく言っても始まりません。ここまで完璧に抑えられたらあきらめもつくでしょうから、第5戦は気分を一新して戦えるのではないでしょうか。

DeNAの勝因は、濱口の好投に尽きます。キレのあるストレートとフォークを含むと3種類くらいのチェンジアップで、破壊力抜群のソフトバンク打線を7回3分の2を2安打無失点に抑えたピッチングは特筆ものです。

もう一つ、目立ちませんが、DeNA打線が宮崎を筆頭にボール球に手を出さないことが、和田を5回で交代させた要因でしょう。

仮に第5戦をDeNAがものにした場合、今永と濱口の登板があり得るので、ソフトバンクといい勝負ができそうです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加