日本シリーズ 第5戦 結果 勝因と敗因

日本シリーズ 第5戦 結果

日本シリーズも4戦が終わって3勝1敗のソフトバンク、仮に第5戦を落としても第6戦、第7戦をホームの福岡ヤフオクドームで出来ることで、若干の余裕を感じます。

ヤフオクドームは、DH制なので打線と守備に厚みが加わり、強いソフトバンクを見せてくれそうです。

対するDeNAは、第4戦は勝ったものの崖っぷちに変わりはありません。第4戦を完勝した勢いで連勝といきたいところでしょう。

日本シリーズなどの短期決戦は、一球で流れが変わることが多々あります。

第5戦も日本シリーズらしい熱戦を期待しましょう。

スポンサードリンク

日本シリーズ 第5戦 結果 試合経過

【1回表】ソフトバンク

先頭の1番柳田はファーストゴロで1死。

2番今宮はレフト前ヒットで1死一塁。

3番デスパイネはセンターフライで2死一塁。

4番内川のとき今宮が2盗に成功、2死二塁。ここで好調の内川がライト線にタイムリー二塁打で先制。

5番の中村は三振。0-1

同じ左腕でも今永、濱口に比べると、打てそうな感じのソフトバンク打線。

【1回裏】DeNA

調子が上向きの1番桑原は三球三振で1死。

2番柴田はピッチャーゴロで2死。

3番ロペスは見逃しの三振で無得点。0-1

初回から全力投球のバンデンハーク。150キロ超えのストレートにDeNAのバッターが振り遅れている。

【2回表】ソフトバンク

6番松田はライトフライ。

7番明石はショートゴロ。

8番髙谷もショートゴロで簡単に三者凡退、無得点。0-1

【2回裏】DeNA

先頭の4番筒香は三振。

宮崎はセンターフライ。

6番戸柱はショートゴロで三者凡退、無得点。0-1

バンデンハークを全く打てないDeNA打線。あまりよすぎて不安。

【3回表】ソフトバンク

9番バンデンハークはライトフライで1死。

1番柳田はショートゴロで2死。

2番今宮はレフト前にヒットで2死一塁。

3番デスパイネのとき、今宮は本日2個目の2盗に成功で2死に塁。ここで石田がワイルドピッチ、デスパイネは四球、今宮は三塁へ。2死一・三塁。

4番内川はサードゴロで無得点。このチャンスを逃したのは痛い。

石田に疲れが見えてきたので、DeNAは継投の準備をしたほうがいい。

【3回裏】DeNA

この回先頭の7番梶谷は三振。

8番石田も三振。

9番倉本はセカンドゴロで三者凡退、無得点。0-1

バンデンハークの威力のある150キロ台のストレートに合っていないDeNA打線、5回までと決めているのか、少し飛ばしすぎ?。

【4回表】ソフトバンク

この回先頭は5番中村、センターフライ。

6番松田はライトフライで簡単に2死。松田の調子が下降気味?

7番明石のファーストゴロをロペスがエラー、2死一塁。

8番髙谷が死球で2死一・二塁。3回に続いて得点のチャンス。

9番打つ気満々のバンデンハークでしたが三振で無得点。0-1

得点機を逃がし続けると流れが変わることが多いのでソフトバンクは要注意。

決して調子がいいとは思えない石田ですが、丁寧な投球で1点に抑えていますが、代え時が難しそう。

スポンサードリンク

【4回裏】DeNA

この回先頭の1番桑原は三振で1死。

2番柴田も三振で2死。

3番ロペスがライトフェンス直撃の二塁打で2死二塁。

ここで4番の筒香が少しスピードが落ちたとはいえ、バンデンハークの外角ストレートをセンター左に会心の逆転2ランホームラン。

5番宮崎はサードゴロ。2-1

バンデンハークの外角ストレートを詰まらずに打った筒香はさすがです。

【5回表】ソフトバンク

ソフトバンクも1番柳田からで期待が持てます。その柳田がセンター前にヒットで出塁。
2番今宮が簡単に送りバント成功で1死二塁。と3回連続のチャンス到来。

3番デスパイネのとき、ワイルドピッチで柳田は3塁へ、ここでデスパイネがセンターへ大きなフライ、柳田タッチアップでホームインで同点。

続く4番内川がレフト前ヒットで2死一塁。

ここで5番中村がカウント3-2から逆転の2ランをライトスタンドへホームラン。

6番松田はサードゴロ。2-4

石田の継投が遅れたことが原因でしょう。DeNAのリリーフ陣は安定しているにもかかわらず、次回の打順を考え、引っ張った結果がこんなことになるのです。第4戦の和田もそうでした。

【5回裏】DeNA

6番戸柱の代打嶺井のセンターに抜けそうなゴロを今宮が好捕、1死。

7番梶谷は三振で2死。

三上の代打細川が右中間に二塁打、2死二塁。

9番倉本の三塁線のゴロを松田が上手くさばいて無得点。2-4

バンデンハークは少し疲れが出てきたようで、ここで交代か。

【6回表】ソフトバンク

この回からDeNAは投手を三上から砂田へスイッチ。

先頭の7番明石はセカンドゴロで1死。

8番髙谷は三振で2死。

9番バンデンハーク三振で無得点。2-4

この続投は疑問。ソフトバンクのリリーフ陣は12球団一のはず。

【6回裏】DeNA

1番桑原が三遊間にヒットで無死一塁。

2番柴田のカウント0-2から2盗成功、無死二塁。この盗塁は考えられない。
ラミレス監督ならではの策か。柴田はピッチャーゴロで1死二塁。

3番ロペスは四球で1死一・二塁。

ここでソフトバンクはバンデンハークからモイネロ。

4番筒香がセンターオーバーの二塁打を放ち、一点差、なおも1死二・三塁。

5番宮崎もセンター前ヒットで続き同点、1死一・三塁。

6番嶺井のセカンドゴロを明石が併殺を焦ってジャックル、筒香が還って逆転、1死一・二塁。

7番梶谷はセカンドゴロで嶺井は2封で2死一・二塁。

8番三上の代打乙坂はセカンドゴロ。この回3点。5-4

この逆転劇も明らかに疲れが見えていたバンデンハークを続投させたことで起こっています。

【7回表】ソフトバンク

この回からDeNAは三上に代わってエスコバー。

先頭の柳田がセンター前ヒットで出塁。

2番今宮の送りバントで柳田は二塁、1死二塁。

3番デスパイネはセカンドゴロ、柳田は三塁へ、2死三塁。

4番内川は敬遠で2死一・三塁。

期待された5番中村はセンターフライで無得点。5-4

この回もチャンスを逃したソフトバンク。

両チーム必死の継投策に、緊張感が高まる好試合になった。

【7回裏】DeNA

先頭の9番倉本は三振。

1番桑原も三振。

2番柴田はレフトフライで三者凡退、無得点。5-4

【8回表】ソフトバンク

この回からDeNAはエスコバーからパットンにスイッチ。

この回先頭6番松田は三振で1死。

7番明石がライト前ヒットで1死一塁。

8番髙谷の代打長谷川はレフトフライで2死一塁。

9番モイネロの代打福田は四球で2死一・二塁。

ここでDeNAは、レギュラーシーズンにはなかった2死一・二塁から、クローザーの山崎を投入。これが吉と出るか、凶とでるか。

1番柳田は三振で無得点。5-4

【8回裏】DeNA

ここでソフトバンクはモイネロから岩嵜。キャッチャーは甲斐、センターに福田。

3番ロペスはセカンドゴロで1死。

4番筒香は三振で2死。

5番宮崎はセンターフライで三者凡退、無得点。5-4

この回簡単に三者凡退に抑えた岩嵜、9回に何か起こりそうな予感。

【9回表】ソフトバンク

最終回先頭は2番今宮が三遊間にヒットで出塁。

3番デスパイネのサードゴロで今宮は2封、1死一塁。

4番内川は三遊間ヒットで1死一・二塁。

5番中村は三振で2死一・二塁。

6番松田のショート内野安打で2死満塁。

7番明石に期待がかかったが、ファーストゴロでゲームセット。

日本シリーズ 第5戦 結果 勝因と敗因 まとめ

両チーム総力戦で見応えのある日本シリーズらしい熱戦で、最後まで息をつかせぬ攻防は今シリーズ最高の試合でした。

この試合は両チームのリリーフ投手の対決でした。この試合を制したのは、先発の石田が降板したあとにソフトバンクの猛攻を阻止した砂田、エスコバー、パットン、山崎のリリーフ投手の踏ん張りがDeNAの勝因です。

ソフトバンは、1回・3回・4回・5回・7回・8回・9回と多くのチャンスがありました。しかし、得点に結びついたのは1回と5回の2イニングだけです。

チャンスにあと一本が出なかったのが敗因とも言えますが、その根本的な要因は、右バッターの代打がいなかったことです。

左バッターには長谷川、福田、城所と多彩ですが、右バッターは吉村だけです。左バッターには左腕投手を用意していればいいDeNAは余裕ができます。

右バッターでレギュラーと差のないバッティングができる選手が二人いれば、相手の投手起用も変わってくると思うのですが、これがソフトバンクの課題になるでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加