日本シリーズ 第6戦 結果 勝因と敗因

日本シリーズ 第6戦 結果

3連勝して決まったと思わせたソフトバンクでしたが、第4戦、第5戦とDeNA が反撃、3勝2敗で再び福岡ヤフオクドームで第6戦が行われます。

先発はソフトバンクが千賀、DeNAは今永という予想が多かったようですが、ソフトバンクは東浜、DeNAは今永でした。

ソフトバンクは第2戦で6回1失点と好投した今永をどう攻略するか、DeNAは第2戦で5回3分の1を4安打1失点の東浜を2連勝で勢いに乗っている打線がどう攻略するか、見どころの多い日本シリーズ第6戦になりそうです。

スポンサードリンク

日本シリーズ 第6戦 結果 試合経過

ソフトバンクは左対策で右バッターを並べてくるかと思いましたが、キャッチャーを髙谷から甲斐、8番に長谷川を起用しただけでいつもとほぼ同じスタメンでした。

対するDeNAも第5戦とほぼ同じスタメンですが、7番DHに今シリーズ初出場の白崎を起用してきました。

投手戦になるか、打撃戦になるか、どっちになっても総力戦は間違いありません。

【1回表】DeNA

ソフトバンクの先発は東浜、今シリーズ2度目の登板でどんなピッチングを見せるか。

先頭の1番桑原はサードゴロで1死。

2番梶谷は三振で2死。

3番ロペスがレフトの左へヒット、2死一塁。

4番筒香セカンドゴロで一塁ランナーのロペスが2封で無得点。0-0

東浜のピッチングはやや不安、本来はもう少し腕を大きく振っていたような気がする。

【1回裏】ソフトバンク

DeNAの先発は今永、第1戦と同じようなピッチングができるか。

先頭の1番柳田はレフトフライで1死。

2番今宮は三振、

3番デスパイネも三振で三者凡退、無得点。0-0

デスパイネが第4戦から気負いすぎて力んでいる。これでは今永のチェンジアップに対応できない。もう少し楽な気持ちで打席に入ったほうがいいのではないか。

今回も好投の予感がする今永、攻略するのは並大抵ではなさそう。

【2回表】DeNA

先頭の5番宮崎が四球で出塁。

6番柴田の送りバント成功、1死二塁で先制のチャンス。

7番今シリーズ初登場の白崎、ライト前ヒットで1死一・二塁。

8番嶺井は三振、スターを切っていた白崎も2盗失敗で無得点。0-0

東浜は相変わらず安定感がない。DeNAはもっとじっくり攻めたほうが、ソフトバンクを苦しめられるのに。

【2回裏】ソフトバンク

4番内川セカンドゴロで1死。

5番中村の一・二塁間のゴロを柴田が好プレーで2死。

ここで不調の6番松田がレフトへの先制ホームラン、これで吹っ切れるか。

7番川島は三振。1-0

今永は一番打たせてはいけない松田に打たれてしまった。これでソフトバンクが乗ってくるかも。

【3回表】DeNA

この回先頭は9番倉本は三振。

1番桑原の大きなライトフライを中村がフェンス際で好捕。

2番梶谷は三振で三者凡退、無得点。1-0

東浜は悪いながらも丁寧なピッチング。

【3回裏】ソフトバンク

8番長谷川は三振。

9番甲斐も三振。

1番柳田も三振で三者凡退、無得点。1-0

今永は第2戦と同様で好調、三振も3回で6個

【4回表】DeNA

3番ロペスは三振で1死。

4番筒香は四球で1死一塁。

5番宮崎も四球で1死一・二塁。

6番柴田のピッチャーゴロで1-5-3の併殺で無得点。1-0

このピッチングを続けていると、いつかやられそうな東浜

【4回裏】ソフトバンク

この回先頭の2番今宮はファーストゴロで1死。

3番デスパイネはショートゴロで2死。

4番内川はサードゴロで三者凡退、無得点。1-0

今永のピッチングは安心して見ていられる

スポンサードリンク

【5回表】DeNA

この回先頭の7番白崎が真ん中のスライダーをレフトスタンドへ同点アーチ。

8番嶺井はセカンドフライで1死。

9番倉本の打球がピッチャーを強襲、東浜がはじいて内野安打、1死一塁。

1番桑原のセンター前ヒットで1死一・二塁。

ここでソフトバンクはピッチャーを東浜から嘉弥真にスイッチ。

いつかこうなると思っていた東浜のピッチング、よく1点で終わったと思う。

2番梶谷がセフティ気味のバントで、2死二・三塁。

ここで嘉弥真から石川にスイッチ。

3番のロペスがレフト前に2点タイムリーを放ち、逆転。なおも2死一塁。

期待された4番筒香は三振。1-3

DeNA打線は思ったより粘り強く、チームに勢いがある

【5回裏】ソフトバンク

早く追いつきたいソフトバンクは5番中村から、しかし三振。

6番松田も三振。

7番川島も三振。三者三振で無得点。1-3

今永はこの回まで、1安打無四球9奪三振、ヒットは松田のホームランのみ、それ以外は一人のランナーも許していない。

今永を1回でも早くマウンドから降ろしたいソフトバンクですが、それも厳しそう。

【6回表】DeNA

この回からソフトバンクは森。

先頭の5番宮崎がセンター前ヒットで無死一塁。

6番柴田が送って1死二塁。

7番白崎はピッチャーゴロで2死二塁。

8番嶺井はピッチャーゴロで無得点。1-3

DeNAは三者凡退が3回だけで、それ以外のすべての回でランナーを出し、攻め続けていますが、得点に結びつかない

【6回裏】ソフトバンク

先頭の8番長谷川はピッチャーゴロで1死。

9番甲斐が四球で1死一塁。

1番柳田も四球で1死一・二塁。

今永が疲れてきたのか、ストレートのキレが鈍ってきているので空振りが取れない。

2番今宮のセフティ気味のバントで2死二・三塁。この試合初めてのチャンス。

しかし3番のデスパイネはライトフライで無得点。1-3

【7回表】DeNA

この回からソフトバンクは森からモイネロ。

9番倉本はセカンドゴロ。

1番桑原はファーストのファールフライ。

2番梶谷はセンターフライ。三者凡退で無得点。1-3

【7回裏】ソフトバンク

4番内川は三振。

5番中村も三振で2死。

6番松田は四球で2死一塁。

7番川島はライトフライで無得点。1-3

今永はまだ続投の気配。

【8回表】DeNA

この回からソフトバンクはモイネロから岩嵜にスイッチ。

先頭の3番ロペスがレフト前ヒットで出塁。

4番筒香は左中間のフライで1死一塁。

5番好調宮崎はどこへ投げても打ちそうな雰囲気を持っていて投げにくい。その宮崎が三遊間を破って1死一・二塁。

6番柴田が上手いバントで送って2死二・三塁。ここでだめ押しの得点がほしいDeNA。

期待された7番白崎は三振で無得点。1-3

何度もチャンスを潰していると、そのうち流れが相手に行ってしまうことが度々あります。DeNAはこのパターンになっているので、追加点がとれないと危険です。

【8回裏】ソフトバンク

今永は続投?、引っ張りすぎると痛い目に合うことが多いのですが……。

と言ったとたん、この回先頭の8番長谷川がセンターオーバーーの二塁打で出塁。
代走に城所。

ここで今永をあきらめて井納を投入。

9番岩嵜の代打明石はセカンドゴロで1死二塁。

井納はワンポイントで砂田。

1番柳田のピッチャーゴロで三塁ランナーの城所が飛び出したが、砂田は一塁へ送球、その間に城所はホームイン、1点差。
砂田もワンポイントでパットン。

2番今宮はセカンドゴロ。2-3

今永から井納、砂田、パットンと一人一殺のリレーで、ソフトバンクを1点に抑えたが、これで勝負の行方は分からなくなりました

【9回表】DeNA

この回からソフトバンクはサファテを投入。

8番嶺井はセカンドフライ。

9番倉本はサードへのファールフライ。

1番桑原はサードゴロで三者凡退で無得点。2-3

サファテのテンポのいい投球で流れが変わるかも。

【9回裏】ソフトバンク

3番デスパイネはサードゴロで1死。

ここで4番内川がレフトへ起死回生の同点ホームラン。この場面で難しいインローのチェンジアップを打った内川のメンタルの強さと集中力は大したものです。決して山崎の失投ではありません。

続く5番中村は三振で2死。

6番松田は四球で2死一塁。

7番川島は三振。土壇場でソフトバンクが同点に追いつきました。3-3

ここから今シリーズ初の延長戦です。

【10回表】DeNA

続投のサファテ2イニング目、気合いの入りかたは半端ではありません。

この回先頭の2番梶谷がライト前ヒットで無死一塁。このランナーは大事に行きたいところ。

3番ロペスのとき、サファテのけん制悪投で梶谷は二塁へ。無死二塁と勝ち越しのチャンス。しかしロペスは三振で1死二塁。

期待された4番筒香も三振で2死二塁。

5番宮崎を敬遠。2死一・二塁。宮崎を敬遠したのは正解でしょう。

6番柴田はファーストゴロで無得点。3-3

サファテ執念の投球でテンションマックス

【10回裏】ソフトバンク

DeNAは山崎からエスコバー。

8番城所はライトフライで1死。

9番髙谷はセンター前ヒットで1死一塁。

しかし期待の1番柳田は三振で2死一塁。

2番今宮はセカンドフライで無得点。3-3

【11回表】DeNA

サファテは初めての3イニング目

7番白崎は三振。

8番嶺井がセンター前ヒットで1死一塁。

9番倉本はファーストゴロで嶺井は2封。2死一塁。

1番桑原はセンターフライで無得点。

ラミレス監督の野球はメジャー流なのかわかりませんが、相手にプレッシャーをかける作戦が雑すぎます。

何度もチャンスがあったにもかかわらず、得点に結びついたのは1度だけです。この回まで残塁が11、残塁のイニングは8回です。

【11回裏】ソフトバンク

エスコバーは続投。

先頭の3番デスパイネはライトフライで1死。

4番内川が四球で出塁。代走に福田。工藤監督はこの回で決めるという意思表示?

5番中村も四球で1死一・二塁とサヨナラのチャンス到来です。

ここでDeNAはエスコバーから三上にスイッチ。

ここで2回にホームランを打っている6番松田、期待された松田はサードベースよりのゴロ、これを宮崎はベースを踏んで一塁に送球、万事休すかと思われたが、ロペスの足がベースから離れ一塁セーフで2死一・二塁。

ここまで4打数無安打3三振の7番川島、ソフトバンクファンは四球でいいから塁に出てくれと祈っていたことでしょう。

その川島がライト前ヒット、2走の中村は強引に本塁へ突入、サヨナラでソフトバンクの日本シリーズ優勝が決定しました。

日本シリーズ 第6戦 結果 勝因と敗因 まとめ

2017年日本シリーズは、ソフトバンク対DeNAで行われ、ソフトバンクが4勝2敗でDeNAを下し、2年ぶりに日本一を奪還しました。MVPにはサファテ投手が選ばれています。

9回まで完璧に抑えられていたソフトバンクの監督、選手たちは負けを覚悟していたのではないでしょうか。

8回まで松田のホームラン1本のみで、それ以外は、一人のランナーも出していないのですから負けて当然の流れでした。

工藤監督の脳裏には「第7戦に千賀を残して正解だった」との思いがよぎっていたかも知れません。

しかし、内川の起死回生の同点ホームランでベンチの空気が一変、全員の気持ちが勝利に向かって一つになったのです。

初めて3イニングを投げ、ベンチの野手を鼓舞したサファテ、気力で打った川島、猛然と本塁に突入した中村

ソフトバンクの強さをまざまざと見せつけられた日本シリーズでした。

死力を尽くした両チームの選手に対し、勝因や敗因は必要ありません。久しぶりに野球の面白さを見て、感動した人たちは大勢いたことでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加