日本シリーズ データ 検証 悔いが残る敗戦 

日本シリーズ データ 検証

2017年度日本シリーズは、総力戦の末ソフトバンクがDeNAを4勝2敗で下し、2年ぶりに今シーズンの目標でもあった日本一を奪還しました。

結果的には大方の予想通りになったシリーズでしたが、内容はどちらに転んでも不思議ではない接戦でした。

そこで2017年度日本シリーズ全6戦の中からこれといったデータを比較して検証していきたいと思います。

スポンサードリンク

日本シリーズ データ 検証 安打数とスコア

第1戦の安打数は、ソフトバンクが9本。DeNAは6本。スコアが10-1。

第2戦の安打数は、ソフトバンクが8本。DeNAは5本。スコアが4-3。

第3戦の安打数は、ソフトバンクが7本。DeNAは7本。スコアが3-2。

第4戦の安打数は、ソフトバンクが2本。DeNAは12本。スコアが0-6。

第5戦の安打数は、ソフトバンクが11本。DeNAは6本。スコアが4-5。

第6戦の安打数は、ソフトバンクが5本。DeNAは11本。スコアが4-3。

これを見ても分かるように6戦中1点差試合が4試合もあります。これをソフトバンクが3勝1敗と勝ち越したことが日本一に繋がりました。

この差の中に守備力、選手層の厚さ、投手力など総合力、特に12球団一と言われるソフトバンクのリリーフ陣の存在が1点差勝ちの原動力でしょう。

6回までに1点のリードがあれば、ほぼ負けることはありません。

現に1点差で勝った第2戦は、7回は石川→逆転した8回からモイネロ→9回サファテ。第3戦は、1点差に迫られた7回からモイネロ→8回は岩嵜→9回サファテ。

第6戦は、1点差に追い上げた7回からモイネロ→8回は岩嵜→9回・10回・11回サファテでサヨナラ勝ち。

7回までは、左腕の嘉弥真、右の石川、森と他球団が羨ましがる最強のリリーフ陣です。このリリーフ陣は明らかにDeNAよりワンランク上です。

この差が4勝2敗という数字にあらわれているのではないでしょうか。

悔やまれる第6戦

DeNAが手も足も出なかったと言うわけではなく、勝機は何度もあったのに惜敗したのにはいくつかの要因があります。その中の一つが、あと1本のタイムリーが出なかったことです。

DeNA4敗のうち、あと1本のタイムリーさえ出ていれば勝利したと思えるのが、第2戦と第6戦とです。特に第6戦は、勝っていた試合でした。

DeNAの敗戦の原因として、8回裏の守備を悔やむ人が大勢いますが、それよりもDeNA打線のほうが問題でしょう。

得点に繋がるチャンスは少なくとも、2回、4回6回、8回、10回と5度はあったはずです。

3-1と逆転したあとでも3度ありましたが、ものにすることはできませんでした。“雑な攻撃”これが最大の原因でしょう。

あの流れで延長戦に持ち込まれ、サヨナラ負けはないでしょう。悔やんでも悔やみきれない敗戦です。

スポンサードリンク

日本シリーズ データ 検証 悔いが残る敗戦 まとめ

このシリーズ継投の遅れが失点に繋がったケースが多く見られました。第1戦のDeNA井納、第3戦のソフトバンク武田、第4戦のソフトバンク和田、第5戦のソフトバンクバンデンハーク、第6戦のソフトバンク東浜とDeNA今永です。

調子が悪いことは誰が見ても分かるのに、監督は5回を目処にしているのかもしれませんが、日本シリーズですから立ち直れないとみたら、3回でも、4回でもすぐにリリーフを送ればキズを大きくしないで済むのではないでしょうか。

継投の遅れが敗戦に繋がったのは、第1戦の井納、第5戦のバンデンハーク、第6戦の今永です。

第1戦の井納の場合、4回が限界と思われたのに5回まで引っ張った結果、大量7点を奪われ、この回で敗戦が決まりました。

第5戦のバンデンハークは、初回から150キロ台のストレートをビシビシと投げ込み、3回までDeNAをノーヒットに抑えていたが、4回裏に筒香に逆転2ランを打たれたときには、誰が見ても分かるくらいストレートの球速は落ちていました

直後の5回表ソフトバンクが中村の2ランなどで再逆転したところで、バンデンハークは交代と思ったのですが、続投です。

バンデンハークは、得点圏にランナーを出しながら無得点に抑えたのです。これで色気をだした工藤監督は6回も続投させたのです。これが元でDeNAに再逆転されたのです。

第6戦の今永もそうでした。7回まで1安打11奪三振とソフトバンクを完璧に抑えた今永でしたが、相当な疲れもあったはずです。

5回まで無四球の今永が2者連続四球を出しています。想像以上の疲れがあったのでしょう。それでも7回を無得点に抑えました。

これでもう1回いけると思ったラミレス監督は、今永の続投を決定したと思います。しかしこれが最悪の結果を招いたのです。

先頭の長谷川にセンターオーバーの二塁打を打たれ、井納に交代したのですがが、すでに流れはソフトバンクになっていたのです。

勝負はやってみなければわかりませんが、8回はパットン、9回は山崎というDeNAのパターンであれば、第7戦の千賀対濱口の投げ合いを見ることが出来たかもしれません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加