プロ野球 タイトル予想 結果 自己採点

プロ野球 タイトル予想 結果

日本シリーズも終わりひと息ついたところで、選手たちもつかの間のオフを満喫しているのではないでしょうか。

ここで、開幕前に個人的な独断と偏見で予想した、2017年セ・パ両リーグの投手部門と打撃部門のタイトルホルダーがどのくらい的中しているかを検証して見ましょう。

2017年1月23日、25日、27日、29日、に投稿したものです。有力候補は○○、2番手は○○、3番手は○○という形で予想しています。

2番手までに入っていればほぼ当たりという、非常に甘~い自己採点です。

さて、結果はどうなっているか。まずはパリーグから。

スポンサードリンク

プロ野球 タイトル予想 結果 2017年パ・リーグ投手部門

投手部門のタイトルは「最優秀防御率」「最多勝利」「最多奪三振(奪三振王)」「最高勝率」「最多セーブ投手(セーブ王)」「最優秀中継ぎ投手(ホールドポイント)」の6タイトルがあります。

【最優秀防御率】

予想 最有力候補は西武 菊池、2番手はロッテ 石川、3番手は日本ハム有原。

結果 菊池雄星 西武ライオンズ 防御率 1.97で。◎

【最多勝利】

予想 最有力候補はロッテ 石川、2番手は西武 菊池、3番手はソフトバンク千賀。

結果 東浜 巨 ソフトバンク ホークス 勝利数 16。
菊池雄星 西武ライオンズ 勝利数 16。○

【最多奪三振(奪三振王)】

予想 最有力候補は楽天則本、2番手はソフトバンク千賀、3番手はオリックス金子。
結果 則本昂大 楽天イーグルス 奪三振数 222。◎

【最高勝率】

予想 最有力候補は日本ハム大谷、2番手はロッテ石川、3番手は日本ハム高梨。

結果 千賀滉大 ソフトバンク ホークス 勝率 7割6分5厘。

【最多セーブ投手(セーブ王)】

予想 最有力候補はソフトトバンク サファテ、2・3番手はオリックス平野と楽天松井。

結果 デニス・サファテ ソフトバンク ホークス セーブ数 54。◎

【最優秀中継ぎ投手(ホールドポイント)】

予想 最有力候補は日本ハム宮西、2番手は楽天ミコライオ、3番手はソフトトバンク スアレス。

結果 岩嵜 翔 ソフトバンク ホークス ホールドポイント 46。

採点結果 「最優秀防御率」「最多奪三振(奪三振王)」「最多セーブ投手(セーブ王)」の3部門が◎。「最多勝利」の1部門が○でした。

2017年パ・リーグ打撃部門

打撃部門のタイトルは「首位打者」「最多本塁打(ホームラン王)」「最多打点(打点王)」「最多安打」「最多盗塁(盗塁王)」「最高出塁率」の6タイトルあります。

【首位打者】

予想 最有力候補は西武の秋山、2番手は日本ハムの西川、3番手はロッテの角中。

結果 秋山翔吾 西武ライオンズ 打率 .322。◎

【最多本塁打(ホームラン王)】

予想 最有力候補はのウィーラー、2番手はソフトバンクのデスパイネ、3番手は西武のメヒアと日本ハムのレアード。

結果 アルフレド・デスパイネ ソフトバンク ホークス 本塁打 35。○

【最多打点(打点王)】

予想 最有力候補はソフトバンクのデスパイネ、2番手は日本ハムの中田、3番手はソフトバンク内川。

結果 アルフレド・デスパイネ ソフトバンク ホークス 打点 103。◎

【最多安打】

予想 最有力候補はソフトバンク内川、ロッテ角中、西武秋山、ソフトバンク柳田が横一線。

結果 秋山翔吾 西武ライオンズ 安打数 185。○

【最多盗塁(盗塁王)】

予想 最有力候補は日本ハムの西川、2番手はソフトバンク柳田、3番手は西武の金子。
結果 西川遙輝 日本ハム 盗塁数 39。◎

【最高出塁率】

予想 最有力候補はソフトバンク柳田、2番手はソフトバンク中村、3番手は西武栗山。
結果 柳田悠岐 ソフトバンク ホークス 出塁率 4割2分6厘。◎

採点結果 「首位打者」「最多打点(打点王)」「最多盗塁(盗塁王)」「最高出塁率」の4部門が◎。「最多本塁打(ホームラン王)」と「最多安打」の2部門が○でフルマークでした。

スポンサードリンク

2017年セ・リーグ投手部門

投手部門のタイトルは「最優秀防御率」「最多勝利」「最多奪三振(奪三振王)」「最高勝率」「最多セーブ投手(セーブ王)」「最優秀中継ぎ投手(ホールドポイント)」の6タイトルがあります。

【最優秀防御率】

予想 最有力候補はジャイアンツの菅野、2番手は広島 ジョンソン、阪神 メッセンジャー。

結果 菅野智之 読売ジャイアンツ 防御率 1.59。◎

【最多勝利】

予想 最有力候補は広島 ジョンソン、2番手はジャイアンツの菅野、3番手は阪神の藤浪。

結果 菅野智之 読売ジャイアンツ 勝利数 17。○

【最多奪三振(奪三振王)】

予想 最有力候補は阪神 藤浪、2番手はジャイアンツ菅野、3番手は阪神 メッセンジャー。

結果 マイルズ・マイコラス 読売ジャイアンツ 奪三振数 187。

【最高勝率】

予想 最有力候補は広島 ジョンソン、2番手はジャイアンツ菅野、3番手は阪神 岩貞。
結果 薮田和樹 広島カープ 勝率 8割3分3厘。

【最多セーブ投手(セーブ王)】

予想 最有力候補はジャイアンツ カミネロ、2番手は阪神マテオ、3番手は広島 中崎。
結果 ラファエル・ドリス 阪神タイガース セーブ 37。

【最優秀中継ぎ投手(ホールドポイント)】

予想 最有力候補はヤクルト ルーキ、2番手はジャイアンツ マシソン、3番手は広島 ジャクソン。

結果 桑原謙太郎 阪神タイガース ホールドポイント 43。
マルコス・マテオ  阪神タイガース ホールドポイント 43。

採点結果 セ・リーグ投手部門は最悪で、◎は「最優秀防御率」の1部門だけ、○も「最多勝利」の1部門だけでした。

2017年セ・リーグ打撃部門

打撃部門のタイトルは「首位打者」「最多本塁打(ホームラン王)」「最多打点(打点王)」「最多安打」「最多盗塁(盗塁王)」「最高出塁率」の6タイトルあります。

【首位打者】

予想 最有力候補はヤクルトの坂口、2番手は中日の大島、3番手はヤクルトの山田。

結果 宮崎敏郎 横浜ベイスターズ 打率 3割2分3厘。

【最多本塁打(ホームラン王)】

予想 最有力候補は中日のビシエド、2番手は横浜のロペス、3番手は横浜の筒香。

結果 アレックス・ゲレーロ 中日ドラゴンズ 本塁打 35。

【最多打点(打点王)】

予想 最有力候補は中日のビシエド、2番手は横浜のロペス、3番手は横浜の筒香。

結果 ホセ・ロペス 横浜ベイスターズ 打点105。○

【最多安打】

予想 最有力候補は中日大島、2番手はヤクルト坂口、3番手は広島の菊池と丸。

結果 ホセ・ロペス 横浜ベイスターズ 安打 171。
丸 佳浩 広島カープ 安打 171。

【最多盗塁(盗塁王)】

予想 最有力候補は横浜の梶谷、2番手は広島の田中、3番手はヤクルト山田。

結果 田中広輔 広島カープ 盗塁35。○

【最高出塁率】

予想 最有力候補は広島田中、2番手はヤクルト坂口、3番手はヤクルト山田。

結果 田中広輔 広島カープ 出塁率 3割9分8厘。◎

採点結果 ◎は「最高出塁率」の1部門だけ、○は「最多打点(打点王)」と「最多盗塁(盗塁王)」の2部門でした。

プロ野球 タイトル予想 結果 自己採点 まとめ

パ・リーグ投手部門の的中◎は、6部門中3部門、ほぼ的中○の「最多勝利」を入れると6部門中4部門です。

 パ・リーグ打撃部門の的中◎は、の6部門中4部門、ほぼ的中○の「最多安打」と「最多本塁打(ホームラン王)」を入れるとフルマークです。

セ・リーグ投手部門の的中◎は、6部門中1部門、ほぼ的中○の「最多勝利」を入れても6部門中2部門です。

セ・リーグ打撃部門の的中◎は、6部門中1部門、ほぼ的中○の「最多打点(打点王)」と「最多盗塁(盗塁王)」を入れても6部門中3部門です。

なぜ、こんなにパ・リーグとセ・リーグの的中率に差が出てしまったのでしょうか。

それは、予想をするときに参考とするのが前年の成績です。パリーグのタイトルホルダーは、昨シーズンも活躍していた選手が、今シーズンもそれ以上の実力を発揮したということでしょう。

セ・リーグは、昨シーズンの投手部門と打撃部門の上位選手で、今シーズンそれ以上の成績を残した選手は菅野智之投手以外はすべて全滅でした。このことが的中率を低くした大きな要因と思われます。

来シーズンはもう少し幅を広げ、的中率の高い予想をしていきたいと思っています。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加