西本聖氏が斎藤佑樹投手の改善点を分析

西本聖氏が斎藤佑樹投手の改善点を分析

%e9%87%8e%e7%90%83-002

先日、某スポーツ紙に日本ハムの斎藤佑樹投手の投球連続写真が掲載されていました。そのフォームを元巨人の西本氏が改善点を指摘している記事です。

西本氏の指摘は後述するとして、まず、個人の感想を述べさせていただきます。

スポンサードリンク

斎藤佑樹投手のイメージ

テレビで見る斎藤佑樹投手のイメージは、一見、こじんまりとまとまったフォームで、きわどいコースを投げ分けるコントロールやバッターをねじ伏せるようなスピードがあるようにも見えません。

球種もストレートとスライダーが中心でどちらにしてもウィニングショットにはもの足らない気がします。

しかし、早実では全国制覇、早大でも輝かしい活躍を見せた投手で、プロ球団がドラフト1位で指名するほどの投手ですから、きっと、卓越した能力があるのでしょう。

ちなみに、この記事の中で「高校時代はマーくんより上だった」という記述ありますが、個人的な意見を言わせていただくと、早実の斎藤佑樹投手はまとまっていい投手でしたが、駒大苫小牧の田中将大投手の方が粗削りでしたが上だった と思います。

投球フォームの改善点

某スポーツ紙の投球連続写真を見て思ったのは、今まで私が思っていたフォームとは、あまりにもかけ離れてる、と言うことです。

これでは、野球の天才が集まるプロの世界ではよほどがんばらないとついていけません。

写真を見る限りですが、足腰の鍛え方が足らないように感じます。ひょっとすると、斎藤佑樹投手は地道な練習が苦手なのではないかと思われます。

足腰が強く、腕の振りが早くなければキレのいいボールを投げることはできません。

リリースの場面でも、踏み込んだ左足が突っ張って体の流れを止めています。頭がブレていて、腰もキレていないので、投げたあとも右足は左足と同じ位置にあります。

スポンサードリンク

西本聖氏の指摘

西本氏は、

・上げた左足の裏が2類方向を向いていると、その反動で上半身は前に倒れる

・右足にタメがない

・上体がが浮いている

・頭と腕が離れ過ぎているのでボールが抜ける、ストレートはシュート回転、変化球も高めに浮いてしまう

・左足が伸びきっているため、体重が左足に乗らないと指摘しています。

西本氏が指摘した改善点を修正することができれば、復活できると述べています。

斎藤佑樹投手にはいいお手本がある

あくまでも個人の意見としてですが、斎藤佑樹投手が今の状況から脱出するためのいいお手本が元巨人の桑田真澄投手です。彼の入団当時は、体は華奢で身長もプロ野球選手としては低い方です。

しかし、他の選手の何倍も走り込み、走った跡がくっきりと残り、後年に「桑田ロード」と言われました。

その結果、翌年のキャンプに現れた桑田投手の腰回りというか、おしり周りの大きさに驚いた記憶があります。こういう地道な練習を積み重ねて、エース桑田真澄が誕生した のです。

斎藤佑樹投手も桑田投手に負けないくらい、もっともっと、走り込んで足腰を鍛え上げれば、欠点を克服できる のではないでしょうか。来シーズンこそ、斎藤佑樹投手の活躍を期待しましょう。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加