2017wbc侍ジャパンメンバー 侍ジャパンキューバに打ち勝つ

2017wbc侍ジャパンメンバー

3月7日wbc初戦日本対キューバの試合が東京ドームで行われ、日本が松田の3ラン、筒香の2ランを含む14安打11点と打線が爆発し、11-6でキューバに打ち勝ちました。

同時に今後の問題としてもいくつかの疑問が浮かび上がってきました。では、その対戦を振り返って見ましょう。

スポンサードリンク

日本対キューバの試合内容

<1回>

日本の先発は石川、キューバの先発はエンテンザで始まりました。緊張を隠せない石川、無視1塁、2塁のピンチを招くも、菊池の好プレーで4-6-3-の併殺で逃れ無失点。

キューバ打線は変化球狙い?という感じがします。

キューバの先発はコントロールはいまいちだが、変化球とストレートをうまく使い分けた投球です。その変化球をレフトフェンス直撃の2塁打、続く筒香のライト前ヒットで先制、1-0とリード。

侍ジャパンの打撃陣に関しては、最終の強化試合とは別人かと思うくらい粘り強く、バットもスムーズに振れている印象。

<2回>

石川らしい安定した投球で、3人のバッターをすべて内野ゴロで打ち取り無失点。

日本は、1死後松田がストレートをセンター前ヒット、その後ヒットと四球で満塁としたが、青木がピッチャーゴロで無得点。

得点にはならなかったのですが、1塁に松田のとき、小林がバントを2本失敗したあと、松田が盗塁を成功、小林のヒットで1、3塁としたシーンこそ、侍ジャパンの野球です。

<3回>

キューバは、この回から変化球狙いの指示がでたのか、先頭打者が変化球をレフト線に2塁打、次のバッターがセフティー気味のバントで3塁に送り、犠牲フライで同点にしました。

日本は、筒香、中田ともにいい当たりを放つが内野手の好プレーで無得点。キューバのピッチャーの荒れ球を打ちあぐんでいるようです。

<4回>

石川がキューバの4番、5番、6番を簡単に打ち取り無失点。

日本は、1死後松田がセンター前ヒットで出塁、小林がバントで送り2死2塁、ここで山田のホームラン性の打球が2塁打と判定され、1得点に終わる。

球数制限により、石川はこの回まで。この後を引き継ぐリリーフ陣の出来が今後を占う意味で重要です。

石川は1失点でしたが、期待どおりの安定したピッチングでした。青木の好プレーが光っています。

<5回>

この回から日本のピッチャーは則本。簡単に3人を抑え好スタートです。

日本は、中田四球の後盗塁に成功1死2塁、続く坂本の3塁線ヒットで1点、鈴木も四球で1死1塁2塁で松田が高めのスライダーをレフトスタンドへ3ラン放ち6-1。

尚も、菊池のピッチャー強襲ヒットで7点目でこの回一挙5点。

<6回>

則本が好調でキューバのバッターを3者凡退に抑えています。

日本も四球のランナーを出したものの無得点。

これでこの試合は決まったと思ったのですが……。

スポンサードリンク

<7回>

調子が良かった則本がデスパイネに左中間に放り込まれて7-2。その後、2連打で2、3塁になり2点タイムリーを浴び7-4。

2死1塁で則本から岡田にスイッチ。岡田が三振でピンチを切り抜けましたが、則本が打たれ始めると、ビッグイニングになる可能性が高くなると危惧していたことが起こってしまいました。替え時が難しい投手ということです。

「則本では、パワー負けする可能性があり、打ち込まれた場合ビッグイニングになる恐れがあり、取り返しのつかないことになりかねません」と「侍ジャパン小久保監督 WBCどう戦う!」の中で、残念ですが述べていた通りになってしまいました。

しかし、この裏侍ジャパンが粘り強い攻撃を見せてくれました。1死後、菊池がセンター前ヒットで出塁、2死後、筒香が右中間に2ランホームランを放ち9-4。

どっしりとした構えで、打ちたいはずなのにきわどいボールに手を出すことなく、インコースやや真ん中寄りのストレートを右中間スタンドに放り込んだバッティングは、さすが4番と言ったところです。

<8回>

日本は、岡田から平野にスイッチ。「あれっ」クローザーは誰?という疑問が生まれ、ここからその場限りの投手リレーが始まるのです。

平野は1死1塁で、デスパイネにセンター前ヒットを打たれ1死1塁2塁、内野ゴロで2死2塁3塁となり、平野から秋吉にスイッチ、その秋吉がセンターオーバーの2点タイムリーを浴び9-6の3点差に迫られます。

しかし、侍ジャパンの取られたら取り返す攻撃が続きます。

坂本がセンターオーバーの2塁打で出塁、ここで代打内川、最悪でもランナーを3塁へ送るバッティングを期待していたが、初球を打ってショートゴロという内川らしくない打席。

ここで本日大当たりの松田が右中間に4本目のヒットで10点め、小林の犠牲フライで11点。

<9回>

クローザーは牧田。レフト前ヒット、ライト前ヒットで無死1塁2塁、このあと、2死満塁になるが、デスパイネを3球で見逃し三振に打ち取りゲームセット。

まだ、安心できない

侍ジャパンがキューバの投手陣を完璧に攻略し、14安打11点という猛攻で難敵と言われたキューバを下した試合でしたが、投手陣の弱さを露呈しました。

安打を11本許し、打線が点を取っても取り返され、最後までハラハラ、ドキドキの展開に不安になった人は少なくなかったのではないでしょうか。

2017wbc侍ジャパンメンバー 侍ジャパンキューバに打ち勝つ まとめ

少し辛口と言われそうですが、打線もキューバに打ち勝ったとは言っても、キューバ投手陣のコントロールが悪く、額面通り受け取って勘違いをすると、今後の試合で苦労することになりかねません。

1試合、1試合、新たな気持ちで対処することが大切でしょう。

それともう一つ、最も危惧しているのがリリーフ投手の起用法です。今日の試合でおわかりのとおり、その場限りの投手起用は絶対にNGです。

セットアッパーやクローザーに起用される投手の心理状態は半端ではないはずです。そのことを踏まえて最低でもセットアッパーとクローザーは指名しておくべきです。

それを試合の流れしだいで起用される投手はたまったものではありません。

うまくいって当たり前、失敗すると非難ごうごうの仕事ですから、メンタルの強さを持ち、経験豊富で実績のある投手、技術的には、早いストレートと多彩な変化球、特に落ちる球、を持っている投手というとになります。

今回の侍ジャパンの中で、セットアッパー宮西と増井、クローザーは平野と言うことでいかがでしょうか。

次のオーストラリア戦で勝利すると、全勝で2次ラウンド進出はほぼきまりでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加