日本シリーズ 第1戦 結果 敗因と勝因

日本シリーズ 第1戦 結果

いよいよ2017年度日本シリーズが10月28日に開幕します。パリーグは福岡ソフトバンク ホークス。セリーグは横浜DeNAベイスターズです。

ソフトバンクは昨シーズンの屈辱をバネに、レギュラーシーズンを独走、2年ぶりの日本一奪還に燃えいます。

対するDeNAも14.5ゲーム差の3位から、史上最大の逆転劇で日本シリーズ進出を勝ち取り、日本一まで一気に昇りつめようとしています。

スポンサードリンク

日本シリーズ 第1戦 結果 第一戦の経過

日本シリーズ第一戦の先発は、ソフトバンクが千賀、DeNAが井納です。千賀は予想通りですが、井納の先発には一抹の不安があります。

井納はラミレス監督の信頼を得ているようですが、これといった決め球があるわけでもなく、変化球を打つのが上手いソフトバンク打線を抑えることは難しく、この決断は今後の対戦に影響を与えることになりそうです。

個人的には、左腕の今永が最適ではないかと思うのですが……。

【1回表】DeNA

先頭の桑原はレフトフライで1死、2番柴田が四球で1死1塁、3番ロペスは3塁ファールフライで2死1塁、4番筒香も四球で2死1・2塁としたが、5番宮崎は3塁ゴロ2封で無得点。

慎重に成りすぎているのかコントロールがいまいちの千賀

【1回裏】ソフトバンク

先頭の柳田がセンター前ヒットで出塁、2番今宮の送りバントで1死2塁、3番デスパイネが内寄りのストレートをレフト線に2塁打を放ち先制、なおも1死2塁、4番の内川はライトフライで2死2塁、5番もレフトフライで1点止まり。1-0

立ち上がりでもあり、井納が1点に抑えたのはまずまずでしょう。

【2回表】DeNA

先頭の6番梶谷はスライダーを引っかけてセカンドゴロで1死、7番嶺井がライト前にヒットを放ち1死1塁、8番乙坂の投ゴロを千賀がはじいたが1塁はアウトで2死2塁としたが、9番倉本は投ゴロで無得点。1-0

この下位の千賀は変化球を混えて多少は良くなったが、まだしっくりこない

【2回裏】ソフトバンク

先頭の6番松田が三遊間にクリーンヒットで無死1塁、7番長谷川が外角高めのストレートをバックスクリーン右へ2ランホームラン。

8番明石はレフトフライで1死、9番甲斐は三振で2死、1番柳田が死球で出塁したが、2番今宮の三ゴロで2封。3-0

井納の出来が悪く、このまま続投すると勝負が決まってしまうので、早めの交代が必要

【3回表】DeNA

1番桑原はレフトフライで1死、2番柴田がセンター前ヒットで出塁したが、3番ロペスが三振、4番筒香はライトフライで無得点。3-0

この回になっても本来の投球が出来ない千賀、工藤監督は早めのスイッチを考えているかも。

毎回ランナーを出しているがタイムリーが出ないDeNA、これが続くと千賀が調子を上げてくるのでDeNAは苦しくなる。

スポンサードリンク

【3回裏】ソフトバンク

3番デスパイネが三遊間に内野安打、4番内川は三塁ライナーで1死1塁、5番中村の三塁ゴロで2封、6番松田は三塁ごろで無得点。3-0

調子が悪い井納ですが、ソフトバンクの各打者が外角の変化球を引っ張って、打撃が雑になっている。丁寧な打撃を心がけないと後半苦しくなるかも。

【4回表】DeNA

先頭の5番宮崎は三振で1死、6番梶谷はショートフライで2死、7番嶺井は三塁フライで、この試合初めての三者凡退。3-0

千賀のストレートにキレが出てきたので、変化球が生きてきた。

【4回裏】ソフトバンク

7番長谷川は三振、8番明石が四球で1死1塁、9番甲斐の送りバントで2死2塁としたが、1番の柳田は三振で無得点。3-0

井納は相変わらずボールが先行、球数も多い、3点差ならまだチャンスがあるので、キズが大きくならないうちにスイッチしたほうがいいのではないでしょうか。

【5回表】DeNA

ここまで2安打無得点のDeNAは8番の乙坂、二塁ゴロエラーで出塁、9番倉本がライト前にヒット、乙坂の好走塁で無死1・3塁、1番桑原のショートゴロ併殺崩れで乙坂がホームインで3-1。

しかし、2番柴田はライトフライで2死1塁、3番ロペスはいい当たりのセンターライナーで1点止まり。3-1

千賀もそろそろ交代の準備が必要?

【5回裏】ソフトバンク

2番の今宮が四球で出塁、この回も先頭打者を出した井納、3番デスパイネのカウント1-1のとき2盗、悪送球もあって今宮は3塁へ、ここでデスパイネがセンター前へタイムリーで4-1。

無死1塁から4番内川はライトフライで1死1塁、5番中村は四球で1死1・2塁、6番の松田がセンター前ヒットで1死満塁。

ここで遅すぎた井納の交代で、リリーフは田中(健)。ソフトバンクも長谷川に代えて川島を送ります。

川島はストレートの四球で5-1。なおも1死満塁、8番明石のショートゴロで本封で2死満塁です。

ここで9番の甲斐、田中(健)はワンポイントで須田にスイッチと思ったら、甲斐は討ち取れると判断したのかそのまま続投、この回二つ目の押し出しで6-1。

なおも2死満塁で1番柳田が1・2塁間にタイムリー、2人が還って8-1、2死1・2塁から2番今宮のセンターオーバーの3塁打で2点を追加し10-1。ここで試合は決まりました。10-1

【6回表】DeNA

先頭の4番筒香は一塁ゴロ、5番宮崎は三振で2死、6番梶谷がセンター前ヒットで出塁したが、7番代打の戸柱はレフトフライで無得点。10-1

【6回裏】ソフトバンク

3番デスパイネはライトフライ、4番内川は三振、5番中村も三振で三者凡退で無得点

千賀は勝ちがほぼ決まったので、日本シリーズの雰囲気に慣れさせるために、リリーフ投手を登板させるという選択はないの?

【7回表】DeNA

8番乙坂はショートゴロ、9番倉本は二塁フライ、1番桑原は三塁ごろで無得点。10-1

【7回裏】ソフトバンク

この回からDeNAの投手は平田。

6番松田は二塁フライ、7番は7回からライトに入った福田でしたがセカンドフライ、8番明石は三振で無得点。10-1

【8回表】DeNA

この回からソフトバンク投手は森へスイッチ。

先頭の2番柴田は三振、3番ロペスも三振、4番筒香は四球で2死1塁、代走に関根、5番宮崎はセカンドフライで無得点。10-1

【8回裏】ソフトバンク

DeNAはこの回から投手を平田から砂田にスイッチ。

9番甲斐の代打吉村は三振、1番柳田はショートゴロ、2番今宮はセカンドゴロで三者凡退。10-1

【9回表】DeNA

ソフトバンクはこの回から投手を森から嘉弥真にスイッチ。

6番梶谷はセンターフライ、7番代打高城は三振、8番代打細川、ここで嘉弥真から寺原にスイッチ、細川はセンター前ヒットで出塁、9番倉本はショート内野安打で2死1・2塁としたが、1番桑原は三振でゲームセット。10-1

2017 日本シリーズ 結果 敗因と勝因 まとめ

日本シリーズ第一戦、ソフトバンクの勝因とDeNAの敗因がどこにあったのかを考えて見ましょう。

一言で言うと、敗因はラミレス監督の“継投の遅れ”と言わざるをえません。立ち上がりからボールが先行、さらに毎回先頭打者の出塁を許し、いつ代えてもいいという状態でした。

しかし、ラミレス監督は井納を限界まで引っ張ったことが、大敗の原因になりました。井納が続投した場合、失点が多くなることは容易に想像出来たはずです。

結局、井納は4回3分の1を7安打7失点となり、リリーフを送ったときには時すでに遅しという状況になっていました。

ソフトバンクの勝因は、打者が相手投手の投球をよく見て、ボール球に手をだすことがほとんどなかったことが好結果につながりました。

先発の千賀も本来の投球ではなかったのですが、7回4安打1失点という投球でした。これも打線のおかげでしょう。

しかし、第1戦の勝利は相手が自滅しただけで、快勝ではありません。そのことは頭に入れておいたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加