日本シリーズ 第2戦 結果 勝因と敗因

日本シリーズ 第2戦 結果

ソフトバンク先勝のあとを受けて、第2戦はどちらに勝利の女神が微笑むのでしょうか。

ソフトバンクが勝って2勝0敗になると、日本一が見えてきます。DeNAが勝って1勝1敗のタイに持ち込めば、チームに勢いが出て横浜に戻ることができます。

そういう意味においても、この第2戦は両チームにとって重要です。

スポンサードリンク

日本シリーズ 第2戦 結果 試合経過

先発はソフトバンクがパリーグ最多勝利投手の東浜、DeNAが今季11勝の今永です。

クライマックスシリーズは調子が良くなかった東浜ですが、復調しているかどうか。対して今永はソフトバンクの強力左バッターを抑えることができるか、がこの試合のポイントになりそうです。

ソフトバンクのスタメンは、左の今永対策に7人の右バッターを並べてきました。DeNAは2番に梶谷、キャッチャーに戸柱を起用して攻撃的な打線で第1戦の雪辱に燃えています。

【1回表】DeNA

先頭の桑原は三振、2番梶谷は投ゴロ、3番ロペスは三塁ゴロで三者凡退。無得点。

東浜は完璧な立ち上がりに見えますが、ボールのキレがいつもより悪く見えます

【1回裏】ソフトバンク

DeNAは今永-戸柱のバッテリーです。

ソフトバンクは先頭の柳田が今永の初球をライト前にヒット、これを2番今宮が送って1死二塁、3番デスパイネの3遊間を破って先制、4番内川四球で1死一・二塁としたが、5番中村は三振、6番松田はショートゴロ。1-0

立ち上がりの今永は思い切りのいい投球ではなく、球を置きにいっているので危険。

【2回表】DeNA

この回先頭の4番筒香が三塁内野安打で出塁、5番宮崎の三塁ごろで筒香は二塁、6番柴田は四球で1死一・二塁としたが、7番細川は三振、8番戸柱は一塁ゴロで無得点。1-0

このチャンスをものに出来なかったDeNA。これが後々響いてくるかもしれません。

丁寧に投げてはいるが、東浜本来の投球にはほど遠く変化球が多すぎで、打線の援護がないと点を取られそう。

【2回裏】ソフトバンク

先頭の川島がレフト線に二塁打で無死2塁としたが、8番江川、9番甲斐、1番柳田と三者連続三振に倒れ無得点。1-0

この回は今永らしい投球が見られ、復調の気配

【3回表】DeNA

9番の倉本は三振、1番の桑原も三振、2番梶谷も三振で無得点。1-0

少しずつ東浜のペースになってきているDeNAの打線、的を絞ったほうがいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

【3回裏】ソフトバンク

先頭の2番今宮は三振で1死、3番デスパイネは三塁ゴロで2死、4番内川がこのシリーズ初ヒットをセンター前に放ち2死一塁。

5番中村は四球で2死一・二塁、6番松田のホームラン制のフライがビデオ判定の結果ファール。結局レフトライナーで無得点。1-0

今永らしい投球が出来ていると思ったら、急にストライクが入らないと波のあるピッチングで、ソフトバンク打線が戸惑っているようです。

【4回表】DeNA

この回先頭のロペス、三塁線にヒット性のゴロを放つが松田の好守で1死、4番筒香が右中間に二塁打で1死二塁、5番宮崎はショートゴロで2死、二塁ランナーはそのままで2死二塁、6番柴田はセカンドゴロで無得点。1-0

【4回裏】ソフトバンク

7番川島は三振、8番江川も三振で2死、9番甲斐がレフト線に二塁打を放つが、1番柳田は三振で無得点。1-0

今永のピッチングが冴えてきた。

【5回表】DeNA

7番細川はファーストゴロで1死、続く8番戸柱はレフトフライで2死、9番倉本はセカンドゴロで三者凡退、無得点。1-0

下位打線に対しては安定している東浜ですが、問題は上位打線をどう抑えるか。

【5回裏】ソフトバンク

先頭の今宮は三振、3番デスパイネはサードゴロ、4番内川ファーストゴロで簡単に三者凡退、無得点。1-0

ベストピッチが続いている今永、要注意は一発だけ。東浜も同じ。

【6回表】DeNA

このシリーズキーマンの1番桑原は3打席連続の三振で1死、2番梶谷がインコース高めのボールをライトへ同点ホームラン。1-1 続く3番ロペスが三塁内野安打で出塁、

ここでソフトバンクは東浜から左腕の嘉弥真にスイッチ。

4番筒香は三振で2死一塁、ここで左腕の嘉弥真から森にスイッチ。

代わった森から5番宮崎がレフトへ逆転2ランホームラン。6番柴田は三振。3-1

逆転したあと、今永のピッチングがどう変わるか、が見物。

【6回裏】ソフトバンク

今永をマウンドから早く降ろしたいソフトバンクは、5番中村はレフトフライ、6番松田はショートゴロ、7番川島は三振で三者凡退、無得点。3-1

ここまで今永は毎回三振の10個目。ソフトバンクの下位打線は今永を打てそうな気がしません。上位打線に期待するしかないようです。

【7回表】DeNA

この回からソフトバンクの投手は石川。

7番細川の代打乙坂はセカンドゴロ、8番戸柱はキャッチャーフライで2死、9番倉本が四球で出塁するも、1番桑原は三振で無得点。3-1

【7回裏】ソフトバンク

ここでDeNAは好投の今永から三上にスイッチ。ソフトバンクから見れば、今永の交代が元気を与えてくれたのではないでしょうか。

今永は6回5安打1失点10奪三振で、このシリーズDeNAの投手は今永を中心に回ることになるでしょう。

この回先頭の8番江川の代打明石が左中間に二塁打、9番甲斐の代打城所が送りバントで1死三塁、

ここでDeNAは三上から左腕の砂田にスイッチ。

ここで1番柳田が勝負強さを発揮、センター前タイムリーで1点差、ここで試合の流れを大きく変えるプレイが出ました。

1死一塁で2番今宮が打ったいい当たりのセカンドゴロを柴田が好捕、併殺でチェンジと思った瞬間、併殺を焦ったショートの倉本が落球、1死一・二塁となったのです。

ここでDeNAは砂田からパットンにスイッチ。

3番デスパイネは三振、4番内川が四球で2死満塁、ここで5番の中村がライトへタムリーヒットで3-3の同点。

二塁ランナーの今宮のホーム突入はアウトのジャッジでしたが、長いビデオ判定の末、セーフで逆転に成功。なおも2死二・三塁、6番松田は三振。4-3

【8回表】DeNA

この回からソフトバンクは石川からモイネロにスイッチ。ライトに城所、キャッチャーに高谷。

先頭の梶谷はセカンドゴロ、3番ロペスはショートゴロ、4番筒香はセカンドフライで三者凡退、無得点。4-3

初登板のモイネロは十分に通用しそう。以後、モイネロ、岩嵜、サファテでリリーフは完璧になる。

【8回裏】ソフトバンク

7番高谷はセカンドゴロ、8番明石もセカンドゴロ、9番城所はセンターフライで三者凡退、無得点。4-3

【9回表】DeNA

9回はこのシリーズ初めてサファテが登場。

5番宮崎は四球で出塁、代走関根、サファテに対する信頼感なのか、1点差の割には緊迫感がない。

送りバントで1死二塁、普通であればピンチのはずが何でもないという雰囲気。

7番乙坂は三振で2死二塁、8番戸柱も三振でゲームセット。

日本シリーズ 第2戦 結果 勝因と敗因 まとめ

ソフトバンクが第一戦、第二戦と2連勝で、第三戦、第四戦、第五戦が行われるよこはまスタジアムに乗り込むことになりました。

もともと有利と言われていたソフトバンクが、限りなく日本一に近づいています

DeNAにはいくつかの敗因があります。

一つ目は、併殺を焦った倉本の落球。これが試合の流れを変えました。

次に、リリーフ陣の弱さ。試合後半に出てくるリリーバーでソフトバンクに通用しそうな投手が見あたらないのです。強いて挙げると須田でしょうか。このままだと、山崎の出番がない可能性も考えられます。

もう一つは、このシリーズのキーマンでもある桑原の不振。一・二戦とも無安打で三振が5個という最悪の状態です。桑原の活躍なしでは大量点は望めません。ソフトバンクに打ち勝たなければ日本一はないのですから……。

ソフトバンクの勝因は、ここぞというときの集中力が半端ではありません。松田の守備、今宮の守備と走塁、中村のバッティングなど、最後まであきらめないプレーが象徴しています。

柳田、内川、デスパイネなどほぼ全員が、強いチームの中で厳しい競争を勝ち抜いた選手の集団という気がします。

第三戦からはDeNAのホームになるので、気分を一新してソフトバンクを倒し、日本シリーズを面白くしてほしいものです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加