ピッチャー コントロール 練習 ピッチャーの球質について

ピッチャー コントロール 練習

プロ野球中継時に、解説者がピッチャーが投げたボールの質を表現するときに使われる「ボールのキレ」「伸び」「重いボール」「軽いボール」など、なんとなくわからないでもない、かといって、うまく説明できない専門用語がでてきます。

野球ファンが集まると「キレのいいボールとは?」「伸びのあるボールとは?」などの話になることがあります。

そのときに、説得力のある説明ができると、あなたの周りの野球ファンから一目置かれることになるでしょう。

スポンサードリンク

ピッチャーが投げたボールの「伸び」とは

 この「伸び」という言い方は、ストレートを表現するときに使います。

伸びてくるボールとは、バッターから見たボールのことで、バッターの近くに来てもスピードが落ちないことから、バッターの手元で伸びているように感じるボールのことです。

つまり、初速と終速の差が小さい球質を指しています。

キレのいいボールとは

「ボールのキレがいい」という言い方は、ストレートだけでなく、スライダー系やシュート系などの変化球対しても使われます。

「キレのいいボール」とは、ボールの回転が速い、つまり、回転数の多いボールのことで、このボールを投げているピッチャーは、総じて鋭い腕の振りをしています。

伸びているボール、キレのいいボールを感じるのは、主にバッターです。

バッターは、自分の調子によっても評価が変わってくることがあるので、全員に共通することではありません。要するに、バッターがどう感じるか、と言うことです。

スポンサードリンク

「重いボール」と「軽いボール」の違い

一般的に、打球がよく飛ぶボールは軽く、思ったより飛距離が出ないボールは重いとされています。

これは、バッターがボールを打ったときの感触があまりないのが軽いボール、バットに当たったとき、ボールに押された感じになるのが重いボールです。

軽いボールの特徴

 軽いボールの特徴は、ピッチャーが投げるボールの回転の方向と回転速度です。

グランドに対して垂直に近いバックスピンがかかったボールは、回転速度が速ければ球速は落ちにくくなります。つまり、終速が速いので、ボールはホップしたように見えます。

この理論は、打球にも当てはまります。一流のホームランバッターは、ボールの中心からやや下を打つことを考えています。

そこをうまく打てれば、ピッチャーが投げるボールと同じ理屈でホームランの確率は上がるのです。

重いボールの特徴

重いボールというのは、軽いボールの逆で、強いトップスピンがかかったボール、または、弱いバックスピンのボールです。

ストレートは回転速度は遅く回転数が少ないボールで、強いトップスピンがかかったボールは縦のカーブ、無回転に近いフォークなどです。 

「キレのいいボール」「伸びのあるボール」 まとめ

つまり、軽いと言われているボールは、伸びがあって、キレのいいストレートで打たせないボール。重いと言われているボールは、打たれても飛距離が出ないボールなのです。

しかし、日本プロ野球を代表するようなバッターであれば、どんなボールが来ても、少し甘く入ってくると芯で捉えることができます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加