侍 ジャパン 試合 日程 WBC1次ラウンドの総括

侍 ジャパン 試合 日程

WBC1次ラウンド、キューバ、オーストラリアと2連勝の侍ジャパンは、3月10日中国と対戦。実力の違いがあるとは言え、気を抜いた試合をすると、今後の試合に影響を及ぼす恐れがあります。

この相手にも侍ジャパンが目指す、1点、1点を積み重ねていく緻密な野球を忘れないことです。

スポンサードリンク

では、この試合を振り返ってみましょう。

【 1回 】

先発は日本が武田、中国がガン・チュエンです。

中国の1番チュが1・2塁間のホットで出塁、ショウトゴロと大きなセンターフライで2死三塁としたが、4番ナが三振で無得点。

日本の攻撃は、スタメン1番に入った田中がセンター前ヒットで出塁、3-2から田中が盗塁、悪送球で三塁へ、菊池は空振りの三振で1死3塁、続く3番山田の浅いライトフライで田中が好走。1点を先取。1-0

【 2回 】

武田は三振、セカンドゴロ、三振と簡単に3者凡退に仕留め無失点。

日本は、鈴木、平田が倒れた2死後、松田がレフト前ヒットで出塁、続く小林が真ん中のストレートをフルスイング、レフトスタンドへ2ランホームラン。3-0

【 3回 】

中国は8番シュがレフト前ヒットで出塁、1死後1番のチュが四球で1死1・2塁としたが、小林が一塁ランナーをけん制で刺し2死1・2塁、しかし、3番のチャンがライト前にタイムリーを放ち1点を返した。3-1

日本は、1死後山田が四球で出塁、筒香はショートゴロで2死1塁、続く中田がインコース高めのストレートを2試合連続のホームランで2点を追加。5-1

【 4回 】

日本はこの回からピッチャーは藤浪。簡単に二人を打ち取った後、死球、四球で2死1・2塁になったが、9番トゥーを三振に仕留めピンチを脱した。

藤浪は力んで制球を乱し不安がよぎる初登板でした。

日本は、平田ショートゴロ、松田サードゴロ、代打の内川はファーストゴロで無得点。

【 5回 】

この回の藤浪は肩の力も抜けスムーズなピッチングで中国の1、2、3番を3連続三振で無死点。

日本も田中が四球で出塁するも菊池がセカンドゴロで併殺され、続く山田もサードゴロで無得点。

スポンサードリンク

【 6回 】

日本のピッチャが藤浪から増井にスイッチ。

増井は5番ヤンにライト前ヒットを許したが、後続を打ち取り無失点。

日本も筒香ファーストゴロ、大野三振、鈴木三振に倒れ無得点。。

【 7回 】

増井から松井にスイッチ。この回からセンターに秋山。

松井は中国の8番、9番、1番を3者三振に打ち取り無失点。しかし、安定感がなく、信頼度は今ひとつという感じ。

日本は、先頭の平田が四球で出塁、2死後田中が二遊間に内野安打、バッター菊池のとき田中が盗塁成功で2死2・3塁、菊池のショート内野安打と暴投で2点を追加。7-1

【 8回 】

この回から日本のピッチャーは平野。

平野は140キロ後半のストレートにキレのいいスライダーとフォークを織り交ぜ中国の2番、3番、4番を3者凡退に抑える。

日本は、秋山がレフト前にヒットを放ったが、後続が打ち取られ無得点。

【 9回 】

ピッチャーは秋吉。中国の5番、6番、7番を簡単に仕留めて勝利しました。

この結果、侍ジャパン史上初の3連勝で、プールB1位となり2次ラウンド進出となりました。

侍ジャパン 試合 日程 WBC1次ラウンドの総括 まとめ

1次ラウンド3連勝で2次ラウンド進出を決めた侍ジャパンですが、これで喜んでいるわけにはいかないのです。

今のままでは、オランダ、キューバ、イスラエルを相手に2次ラウンドを突破するには、非常に険しい道のりが待っている気がしてなりません。

1次ラウンドの3戦を思い起こしてください。この3チームの投手陣に共通していたのは、コントロールが悪く、球速もせいぜい140キロでした。

この投手陣を攻略するのは難しいことではありません。この結果を鵜呑みにすると、決勝ラウンドはありません。

何度も言うようですが、侍ジャパンは足を絡めた攻撃で1点ずつ積み重ねていく、外国勢が出来ない緻密な野球をしなければ勝ちが遠くなります。点の取り合いは避けなくてはいけません。

2次ラウンドを突破するためには、投手陣の再編が必要ということです。先発は菅野、石川、千賀。リリーフ陣は、セットアッパーに宮西、クローザーは平野、則本。中継ぎに藤浪、牧田、岡田、松井を配置する陣容です。

打撃陣の注目は中田。2試合連続ホームランを打ったからではなく、キューバ戦では、強化試合と比べずいぶん粘り強くなっていました。

ボール球に手を出さず、自分のスイングが出来つつあったので、キューバ戦のあとに「中田のホームランは時間の問題、次から打つ」と断言。家族は信用していない様子でしたが…。

もう一つが、秋山の起用です。守備の不安もなく、足を絡めた攻撃には欠かせない選手です。これで侍ジャパンの得点能力がアップします。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加